理事長挨拶|社会福祉法人 弘前豊徳会

当法人は、我が国の高齢化社会の進展とそれに伴う介護の必要性を先見し、『明るい施設、暖かい施設、清潔な施設、安全な施設』 を基本理念として設立されました。

少子高齢・人口減少、団塊の世代の高齢期を迎える今日、来る2015年には高齢者人口は3,500万人、認知症高齢者は250 万人となり、更に2025年には高齢者人口がピークに達すると言われます。

また、都市部で高齢化が進む一方で、地方においては高齢者を支える若い世代が不足し、高齢者を高齢者が支える状況、いわゆる 「老老介護」が深刻化し、支える側と支えられる側の共倒れの危険性が指摘され社会問題となっております。

現在ご高齢となられた方々は、戦中戦後を我々日本国民と我が国の復興のために、長くご尽力されてきた尊い方々であります。

私共は、このご高齢者の皆様が住み慣れたこの地域で安寧な時をお過ごしいただけますよう努力してまいります。

私共は、質の高い医療・福祉サービスの提供、リハビリテーション・在宅復帰の支援、介護負担軽減を目的とした入所や退所後の支援など、 ご利用者ご本人のみならずご家族様の目線に立った総合的サービスの提供のため、各々の業務について日々研修・研鑽につとめ、その技術の向上に努めてまいる所存でございますので、 よろしくご指導ご鞭撻たまわりますようお願い申し上げます

社会福祉法人 弘前豊徳会

理事長 下山 保則

ひとつ前に戻る     トップページに戻る